Google Analyticsで「(direct) / (none)」が多い場合の対処方法

こんにちは。最近GoogleAnalyticsとにらめっこしているナガタです。ニラメッコってカタカナだとかわいいですね。ニラメッコ。

さて、今日はGoogleAnalyticsに関するポストです。
GoogleAnalyticsといえば、

ファーストクラスのウェブ解析

Google アナリティクス公式サイト – ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス

ということで、リアルタイムの状況分析から統計情報まで、アクセスに関する情報を収集するツールです。
今回は導入方法については割愛します。

参照元 (direct) / (none)ってなんだろう

まず参照元には大きく3種類あります。

  • Organic
  • Referral
  • (direct)/(none)

Organic(検索)

「google/organic」や「yahoo/organic」などの表示でみられる通り、オーガニックとは自然検索を意味します。有料広告などを除く、一般利用者が検索して訪れる、そんなパターンです。

Referral(参照)

こちらは、ほかのサイトでリンクをクリックして訪れる、そんなパターンです。Facebookやまとめサイト、ブログなどの流入もこちらからになります。

(direct)/(none)

ブックマークから直接来たり、メールマガジンからくるなど、ダイレクトでくる場合です。
また、GoogleAnalyticsではノーリファラーと表示され、「参照元情報がない」場合も含まれます。

今回問題なのは、「(direct)/(none)」が多すぎて流入元を正確に測れない現状です。

Screen_Shot_2014-10-29_at_14_55_42

さて、ほんとにみんながURLを直接入力して訪れているのでしょうか?

(direct)/(none)になる場合がいくつかある!

リファラというもの自体がブラウザから送信される情報のため、取得できない場合があるようです。

  • ブックマーク、直接URL
  • URLサジェスト機能(スマフォ)
  • ソフトウェアやアプリからのリンク
  • QRコード
  • セキュリティソフトでブロック
  • httpsページからhttpページのリンク

今回はどこが当てはまるのでしょう。

twitterやFacebookからの流入はhttpsが多い?

ソーシャルネットワークがSSL化したことで、https→httpとなるパターンが多そうです。

諦める必要はありません。媒体別にパラメーターを付与しましょう。つまり、明示的に参照元毎にURLを変えましょう。ということです。

もちろんWebサイトをいじる必要はありません。

これで解決。GoogleAnalyticsのキャンペーンURLを発行しよう。

URL 生成ツール – アナリティクス ヘルプ

ここで入力し、発行するだけです。もしURLが長すぎて嫌ならば、URL短縮ツールを使いましょう。
これで明示的にreferralが取れるはずです。

あとはマイレポート等でreferral毎にフィルタリングすれば、流入元別で情報を取得することができます。

Screen Shot 2014-10-29 at 15.12.06


いかがでしたか?
GoogleAnalytics導入はしているけど、ちゃんと分析はしていない…という方も少なくないのではないでしょうか。「いつか分析する、導入してるから大丈夫」だけでは今回のような問題に気づけません。測れる環境をまずつくり、情報を蓄積して分析。さらに向上させていく。そういう素敵なサイクルを回していきましょう。

僕もまだまだできていないので、がんばります。

フォローして続編をチェック

@universionsをフォロー