【HTML&CSS】コーディングガイドをつかってメンテナンス性の高いソースを書く

こんにちは。
今日はコーディングに関する規約のお話です。

みなさんはコーディングガイドなど、なにか参考にしているもの、または定めているものがありますか?
システムの会社やWeb制作会社の中にも独自で採用しているコーディングガイドなどあると思いますが、まだまだ自己流が多いのも事実ではないでしょうか。

コーディングガイドがあると助かる

  • 他人が読んでも大丈夫
  • 保守管理が簡単になる
  • 次回のアップデートのときに困らない
  • ファイルサイズの削減

といったように、コードが追加されるたびにごちゃごちゃなるのは避けたいですよね。

いろんなコーディングガイドを見てみよう

公開されているコーディングガイドは色々あります。有名ドコロをいくつかご紹介。

Github

Styleguide

https://github.com/styleguide

CSSのガイドをリンクしましたが、HTMLやJSなどもあります。

Google

Google HTML/CSS Style Guide

http://google-styleguide.googlecode.com/svn/trunk/htmlcssguide.xml

結構細かいですね。英語ですが、わかりやすいと思います。

WordPress

WordPress › WordPress Coding Standards « Make WordPress Core

https://make.wordpress.org/core/handbook/coding-standards/

こちらも英語ですが、HTMLのほかにCSSやPHPがまとまっています。

HTMLとCSSはコレがオススメ

色々とご紹介しましたが、GithubのStyleguideをベースに作られていて、@mdo氏によって公開されているコーディングガイドがオススメです。(日本語です)

細かすぎず、とてもわかり易いと思います。

コーディングガイド by @mdo

http://kia-king.com/code-guide/

まとめ

もちろんご紹介したものに、独自のルールを追加するでもいいですし、参考にした上で1から規約を作っていくのもいいと思います!

厳格に守るのが面倒だとしても、一読する価値は十分にありますので是非お目通しを!

フォローして続編をチェック

@universionsをフォロー