【中編】いろんな活動の付加価値がお仕事獲得に繋がる!?瀬口さんのお仕事に繋がるまでに迫る!

catch
さて、第1弾インタビュー記事の中編記事です。
前編ではデザイナーとしての瀬口さんの強みやフリーランス初期のノウハウをお聞きしました。中編ではさらに仕事をうける心構えやテクニック、コミュニティやUstream番組「rie’s Cafe BAR」などの付加価値活動から仕事の話になるのか!?という話を聞いてみました!

前編はこちらからどうぞ!

catch
みなさまこんにちは。 ナガタです。実は私、最近旅をしておりまして、その名も「ナガタ放浪記 いろんなところのイケてる人に会ってきたよ」シリーズ(仮名)のためです。といっても今回第一弾

後編はこちら

catch
さて、第1弾インタビュー記事の後編記事です。 前編・中編ではデザイナーとしての瀬口さん、実際のお仕事の受け方やコミュニティやUstream番組「rie’s Cafe BAR」から

今回のゲスト:瀬口 理恵さん

5DG(ファイブディージー)-Five Dimension Graphics- 代表

デジタルハリウッド大阪校Webデザイン専攻を卒業後、約7年間制作会社等でWebに従事し、2010年5DGの屋号で独立。Webの制作業とデジハリでの講師を勤めています。iMac/MBA/iPhone/iPad使いのApple党。WordPressが大好きです。隔週火曜Ustream番組「rie’sCafebar」パーソナリティーとして放送中。珈琲好きのTULLY’S好き。

大手広告代理店とも繋がりがあり、Ustream番組も持つ瀬口さんの営業とは

広告代理店や制作会社とつながればフリーランスとしては安泰できそうだが、繋がること自体ハードルが高い場合もある。それ以外にも様々な顔をもつ瀬口さんならではの営業・販路があるのか。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

大手広告代理店のお仕事もされるということですが、どうやって知り合って、どうやって仕事をいただく関係になったんですか?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

まずは知り合いの方に「案件いっしょにどう?」と声をかけていただいたんですけど、そのプロジェクトが終了したあとも、代理店の担当者の方からご連絡いただいて、仕事をいただけるようになりましたね。代理店さん以外にも制作会社さんとかとパートナー契約という形で結ばせてもらっているのもあります。


瀬口さんの場合きっかけは運良くかもしれないが、今もその関係は続いている。やはりそのときの対応やスキル、仕事ぶりを評価していただくことが、継続的な取引関係において大事だ。

代理店の仕事と直接クライアントの仕事のベストは50:50

IMG_1734
鹿児島の肌感覚でいうと、代理店の仕事は単価と手離れがよく、直接の仕事の場合は単価も下がり「ITヘルプデスク」になりかねない頼られ方をすることがある。一見そう聞くと代理店の仕事オンリーが効率がよさそうだが…。


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

それは大阪も変わらないですね(笑)
代理店さん経由、制作会社さん経由だと単価はまぁまぁ高いほうですね。ただ納期はギリギリだったりしますけど。直接の場合はITリテラシーの高い方が少ないので、「そんなにかかるの?」と言われるのはありますね。サーバー・ドメインにもお金がかかったり、そういった概念を持っていない方も多いです。
あと、代理店さんや制作会社さんだと納品して終わりですけど、直の案件だと「Googleで検索してもでてこーへんけど」とか「Yahoo!のカテゴリ登録ってどうしたらいいの?」とか公開後のサポートが大変だったりしますね。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

なかなか元が取れないなみたいな(笑)
でもそう考えると、「代理店のほうが楽だし単価もいいから100%こっちでいこう」とは思わないんですか?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

あ〜…、でもそれはおもわないですね。
いまの状態(50:50)がベストだと思ってますね。直の案件だと大変だったり、「めっちゃ連絡してくるやん」って思うこともあるんですけど、ホームページを作れなかった人が私が頑張ることで喜ぶっていうのは月並みですがやりがいがあるなって感じますね。
「お客さんにみてもらってん」「めっちゃ好評やったで」っていう言葉は本当に嬉しいですね。だから「ありがとう」で頑張ってるみたいな(笑)


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

結構フリーランスの方ってそういう考えの方多いですよね。効率とか面倒くささとかじゃなくて、お客さんの課題解決のために親身になって案件をこなしたいっていう。


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

提案できたり、相談相手になれたりっていう点でスキルの向上もありますし、フリーランス自体一人の事が多いのでお客さんとワイワイやるのが刺激にもなり、単純に楽しいっていうのもありますね。
あとはITリテラシーの低いかたの生の意見ってすごい貴重だなって感じますね。「あ、こんなとこクリックすんねや」みたいな(笑)


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

おー、それは面白いですね。
ユーザーの疑問に思うところとか、「今」のユーザーを生で見れるっていうのはいい気づきになりますね。


直接的ではない活動から、案件獲得につながることは?

riescafebar
隔週で放送しているUstream番組「rie’s Cafe BAR」をご存知の方もいると思う。本インタビュイーの瀬口さんが司会を務める、視聴者参加型クリエイター雑談エンタテイメントウェブTV番組で、なんと放送回数100回を超えている。そういった直接的ではない活動から、お仕事につながることはあるのか。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

瀬口さんUstreamされているじゃないですか。そういった活動がきっかけで、お仕事の相談とかって来るんですか?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

番組自体を見てくれて、そこからサイトにいって、仕事に繋がったことはありますね。ただ多くはないレアなケースですね。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

もともと営業ツールとしてUstreamをはじめたわけじゃないんですよね?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

そうですね、ちゃいますね。「楽しいからやろう」っていう感じです(笑)
なんか動画配信をやってみたかったんですよ。いま相方になってる方のTwitterをみて、当時会ったことなかったんですけどその一週間後には放送開始ですね(笑)


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

rie’s Cafe BARのUstreamページを見ながら】
あれ、このときピンクじゃないんですね髪の毛。


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

フリーランスはじめのころは調子乗ってるって思われるかなって思って普通の色でしたよ(笑)
2〜3年前からですね。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

いや〜よく持ちますね。僕この色の前ショッキングなピンクにしたんですけど、割りとすぐ落ちちゃって大変でしたよ。


このあと数分髪の毛のケアとブリーチの辛さを語りましたが、かなりお話がそれてしまうので割愛します。

コミュニティ活動ではどう?

2011年のWordBench神戸でWordPressコミュニティデビューをし、翌年はWordBench大阪の再始動、WordCamp大阪では実行委員長をつとめたそう。それまでWordPressを独学でやっていてコミュニティがあることも知らなかった瀬口さん。今年2016年はWordCamp Kansaiの広報チームリーダーというコミットぶり。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

コミュニティに参加してお仕事をもらうとか、逆にお仕事をお願いできる人を探すとか、そういうのってあったりします?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

めっちゃあります
WordPressのコミュニティというかオープンソースのコミュニティって基本ボランティアで非営利団体なので営利目的ではないんですけど、中に入ると個人的に仕事をやり取りしているのは自分以外でもすごく感じますね。そこで人材引っ張ったりするのも実際あると思います。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

おおー!それはいいですよね。人柄もスキルもわかるし、なにより勉強会にでてくるっていう向上心や主体性も保証されてますからね。
WordBench神戸でデビューということですが、大阪はなかったんですか?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

あったんですけど、数年前から事実上活動が鈍化していました。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

それで地元でも盛り上げるためにWordBench大阪の再始動に立ち上がるわけですね。
しかもそのあと1000人規模でWordCamp大阪開催までされるわけですから、大成功ですね!


実際コミュニティ活動では自身のリソースをボランティア的に消費しないといけないし、フリーランスとしてはバランス次第で死活問題になりそう。しかし、コミュニティ活動が仕事に繋がる例はすごくある。これは鹿児島でももちろんあるが、より案件がたくさんあり、「人が足りてない」といわれる人口が比較的多い都市では、コミュニティ参加が大きなポイントかもしれない。

コミュニティも人も流動的

IMG_1736
WordBenchを例にあげても多いときで60人〜、少なくても20人〜は参加する規模の大きさ。回を重ねるごとに固定化しがちなコミュニティをどう循環させているのか。


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

毎回初参加の方もいらっしゃって、常連だけっていう雰囲気は少ないですね。数人は初参加、そして数人は久しぶりっていう感じの人の回転率はあります。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

新しく参加もそうですけど、若い人ってどうですか?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

今回のWordCamp Kansaiでも実行委員は18歳からいますし、学生の参加も少なくないですね。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

鹿児島だと専門学校に行ってもそういった職業に全員が就けるとは限らないですし、羨ましいですね。


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

そういう意味だと大阪は地方から出てきた人っていうのも見かけますね。西日本から上がってきて、東京まではいかないけど大阪で活動するっていう感じなんですかね。


中編まとめ

個人をクライアントとした直請け案件も大事にし、やりがいを感じるというのはフリーランスの方々の「あるある」ではないでしょうか?フリーランスというある種孤独な形態で最も自身の仕事を実感し、がんばれる一番の理由なのかもしれません。

また、Ustreamの配信やコミュニティ活動など、メインの「仕事」以外の活動も忙しい瀬口さん。それらは意外にも「楽しそうだから」という気持ちがメインでした。しかしその活動が実際の仕事に繋がったり、仲間を見つけるきっかけになったりと付加価値が非常に高い活動になっていることも伺えます。実はその他にも「講師」・「著者」としてのお顔もお持ちです。次回は講師ならではのフリーランスに関する想いや、フリーランス人生における瀬口さんの夢、将来像について迫ります!ご期待ください!

【追記】
後編追加しました。

catch
さて、第1弾インタビュー記事の後編記事です。 前編・中編ではデザイナーとしての瀬口さん、実際のお仕事の受け方やコミュニティやUstream番組「rie’s Cafe BAR」から

フォローして続編をチェック

@universionsをフォロー