【後編】どうやったら著者になれるの?瀬口理恵さんのフリーランス人生の将来にせまる

catch
さて、第1弾インタビュー記事の後編記事です。
前編・中編ではデザイナーとしての瀬口さん、実際のお仕事の受け方やコミュニティやUstream番組「rie’s Cafe BAR」から仕事の話になるのか!?というお話しを書きましたが、後半ではさらに仕事をうける心構えやテクニック、そして著者経験のある瀬口さんに著者になるための方法を聞いてみました!

前編・中編も読んでくださいね!

catch
みなさまこんにちは。 ナガタです。実は私、最近旅をしておりまして、その名も「ナガタ放浪記 いろんなところのイケてる人に会ってきたよ」シリーズ(仮名)のためです。といっても今回第一弾
catch
さて、第1弾インタビュー記事の中編記事です。 前編ではデザイナーとしての瀬口さんの強みやフリーランス初期のノウハウをお聞きしました。中編ではさらに仕事をうける心構えやテクニック、

今回のゲスト:瀬口 理恵さん

5DG(ファイブディージー)-Five Dimension Graphics- 代表

デジタルハリウッド大阪校Webデザイン専攻を卒業後、約7年間制作会社等でWebに従事し、2010年5DGの屋号で独立。Webの制作業とデジハリでの講師を勤めています。iMac/MBA/iPhone/iPad使いのApple党。WordPressが大好きです。隔週火曜Ustream番組「rie’sCafebar」パーソナリティーとして放送中。珈琲好きのTULLY’S好き。

フリーランスになりたい学生も多い大阪。仕事には困らないのか。

鹿児島とはもちろん比較にならないほど制作会社も案件も多い大阪。案件母数が多ければ仕事に困らないのか、人足りてなければスキルなくて営業力なくてもいけるのか。実際に顧客開拓をし、フリーランスとしての姿を教壇でも見せる瀬口さんはどう感じているのか。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

大阪って制作会社さんの数ってどうなんですか?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

めっちゃあります。
制作会社さんも、案件も多いですね。もちろん東京と比べると少ないんでしょうけど、それでも多いなぁっていう印象はありますね。圧倒的に人が足りてないというのは体感でありますね。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

仕事がなくて困ってる〜みたいなのはないんですね…


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

ない、、、ですね。やりたくてもリソースがなくてお断りしてるっていうケースも結構あります。お仕事いただけること自体ありがたいことなので、心苦しいですね。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

瀬口さんが評価されて、人気だからっていうのはありますよね?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

「はい、そうです」っていったら嫌なやつですよね(笑)
デジハリの学生と話すんですけど、「フリーランスになりたいです!」って入ってくる学生も少なくないんですね。ただ講師陣として「なれるよ!」とは軽く言えない。それだけで食べていくのがどれだけ大変かっていうのは伝えてます。
なので結果として私は仕事に恵まれている状況にありますが、会社員と違って一人で営業からするので全ての人ができるかっていう点に関しては難しいでしょうね。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

講師として若手を見てるからこそ思うところもありますよね〜。


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

実際私も1年目は食べれてなかったですし(笑)


人を雇ったこともある、法人化への悩み


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

法人化って考えたりしないんですか?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

考えたことはありますね。一度人を雇ったこともあるんですけど、人一人入れるだけでも管理が思ったより大変だし、資金繰りとかもそれまで以上に考えないといけなかった。事務所とかも用意すると固定費もありましたし、売上があがっても思ったようにコントロールできない状況だったんですよね。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

自分の作業に集中するのも難しくなりますね。


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

そこから更に売上を伸ばして、人を増やして流れを作っていけたらいいんでしょうけど、そういう管理にかかる時間を考えた時に、これが本当にやりたいことなのかって考えちゃったんですよね。なんかちょっと違う気がして。まだ模索中ですね(笑)


フリーランスの方がどこかで悩む「法人化」については、瀬口さんの周りでも「フリーランスあるある」らしい。組織にしなくても法人税などの面で考える場合もあるが、組織化するにあたって考えるのは「自分がなにをやりたいか」が重要なのかもしれない。

なんで制作者が講師をすることに?

IMG_1739
2012年の7月からデジハリの講師も務める瀬口さん。デジハリは母校であり、10年経験して講師として戻ってきたらしい。制作業のほうでも断る案件が出てしまうぐらい多忙な瀬口さんはなぜ講師もするのか。そしてそれらは狙ってやってきたのか。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

単価としては制作業のほうがいいですよね?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

そうですね。でもブランディングの一環として考えると、「デジハリで先生をやってる人が作るんやったら大丈夫だろう」っていう武器にはなってます。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

フリーランスっていう実績やスキルが周りから測りにくいお立場だとデジハリ講師技術本著者Ustream配信者っていう付加価値が重要なんですね。


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

メディアもつ、本出す、先生やる。このブランドはだいぶ支えてくれてますね。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

それってはじめから戦略としてやってきた感じですか?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

う〜ん、戦略もってたんかな? 楽しいからやってきたらそうなった感じですね(笑)講師の仕事も楽しいですし。


戦略的にやっていたとしてもすごいが、好きこそものの上手なれで高いパフォーマンスかつ高いモチベーションをもってできているのは非常に理想的だと感じた。フリーランスの方々はそれぞれに自分の得意(好きな)もので付加価値を実績や評価の支えとして活用している。

多忙でもインプットは忘れない

講師に制作に執筆、Ust放送と多忙状態でもwebの技術やトレンドに置いていかれるようなことがないよう気をつけている瀬口さん。そんな瀬口さんの情報収集方法とは。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

忙しつつもwebのトレンドはインプットされると思うんですが、そういうのってどうしてますか?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

そうですね。やっぱり1日30分程度は時間を作るようにしています。Gunosyとかweb系のニュースをみたりとか。あとはコミュニティ活動の中で会う人ですね。生の制作者同士の会話っていうのもインプットになってます。あとTwitterはじめFacebookなどのSNSですね。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

確かにSNSでつながってる人ってカテゴリが一緒なので、ニュースのキュレーションみたいになりますね。


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

自分の近況も情報発信できるので、なかなかお会い出来ない人とも寄り添える感じがあっていいですよね。


新しいことにもチャレンジしていきたい


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

最近はじめた、もしくはまだやってない領域にチャレンジしたいとかありますか?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

去年も2作品ほど関わらせていただいたんですが、アプリのUIですね。これはもっとやっていきたいと思ってます。UIを考えて、パーツを考えて。webサイトのデザインとは考え方、勝手が違うので面白いなと思ってます。


どうやって著者になるの?

「本書きましょ」が口癖のナガタとしては著者先輩方のノウハウを集めなければならない。瀬口さんが本を書くきっかけや出会いをリサーチすることに。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

どういった経緯で話くるんですか?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

これ意外なことに一番多い質問かもしれないです(笑)
元をたどるとコミュニティ活動がきっかけですね。WordPressコミュニティですでに著者をされている方って結構いらっしゃるんですね。そこで「瀬口さん本書いたりせぇへんの?」ってなって、「機会があったらしてみたいです」ってこたえたら編集さんを紹介してもらった。って感じです。そこから自己紹介して、「webデザインでなにか本出しません?」と企画一緒に考えることになりました。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

本屋さんに自分の書いた本が普通に並んでるってすごいですよね。ミーハーかもしれないけど(笑)


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

お仕事がwebなので、現物があるっていうのはテンションあがります(笑)


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

たしかに!


編集さん、ナガタまってます。書くネタはないので絵日記書きます。

フリーランスの50歳、60歳ってどうなってるの?

どんどん新しい人もでてきて新しい技術もでてくる。どこかの組織に属しているわけではないから、管理側に回るわけでもない。フリーランスの将来、瀬口さんの将来について聞いてみた。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

50、60歳になったときの将来像とかあります?


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

私より上の年齢の方もいらっしゃいますが、みんなどう考えてるんですかね…。ただ基本制作が好きなので制作はずっと携わりたいですね。


学校やりたい!


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

漠然としてますけど、学校やりたいっていうのがあります。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

おおー!
ちょっと想像してなかった答えでしたけど、全部繋がりますね。いまやっている付加価値的なところが。


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

もっと今のスタイルにあった学習方法を提案できるような学校にしたいですね。めちゃくちゃ現場寄りな感じで(笑)


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

いいですね!専門学校とかでもまず「就職」っていうのがあって、そのための資格取得等で実技に注力できる機会ってあまりないですもんね。


瀬口さんフリーランスWebデザイナー

未経験から入る以上最低限のスキルって大事だと思うので専門学校のカリキュラムももちろん必要なんですけど、そこから現場にはいったときの「対応できる力」の成長をサポートしたいです。新卒雇ってゼロから育てるのがしんどい企業さんも少なくないですし、そのために学校と企業の間のなにかがあればいいなと思ってます。そしてそういうのを提供できればいいなって思ってます。


なんと「学校と企業の間」についてはクライアント了解のもと、卒業して仕事を探しているやる気ある学生にコーディング作業をお願いするなどして、前身となる活動をすでにされているとのこと。講師というお立場で学生の接する機会も多いだろうし、さらに仕事を探している学生に経験を積ませるという様々なWINが生まれるシステムで、非常に効率的に感じる。

まとめ

フリーランスの方の将来像って想像もできずにいたんですが、「学校」というのは更に意外でした。しかし瀬口さんの活動を振り返ってみるとすべてうまく繋がっていて、何一つ無駄になっていないことがわかります。

さて、取材時間は1時間強、記事3回に渡ってご紹介したインタビューいかがでしたか?
ナガタ自身取材を通して「へぇ〜」「はぁー!」と感嘆しまくったほどノウハウの詰まったお話をお聞きでき、非常に勉強になりました。もちろんフリーランスの方皆さんが真似してうまくいく話ではありませんし、フリーランスの方々個性があることが強みだとも思いますが、ひとつの考え方・ノウハウとしてトライしてみてはいかがでしょうか!

IMG_1746 (1)
あらためまして、鹿児島でも吉本新喜劇が土曜日の昼やってるとか、ナガタはゆとり世代かどうか等々で盛り上がって大幅にお時間いただいた瀬口さん、ご協力ありがとうございました!!

フォローして続編をチェック

@universionsをフォロー