【中編】フリーランスでも会社員のような働き方もする。大阪を盛り上げるYATさんに迫る!

yat02

さて、YATさんインタビューの続編でございます。中編ではYATさんのいまのお仕事事情を深掘りしていきたいと思います!

前編はこちら

yat01
「このICレコーダーいいんですよ。これぐらいの機能はいってると3〜4万円しそうですけど…なんと1万6000円〜」と通販番組のように始まったYATさんとのインタビュー。 インタビ

「ナガタが話題のあの人に会ってきたよ」シリーズです

鹿児島にて活動するナガタが、話したい人のところにいって色々ノウハウを聞いて回る全国行脚インタビューです。
毎回無駄話にも花を咲かせ、企画目的も雑にお伝えするのに皆さん優しく迎えてくれる、ナガタ愛されインタビューです。

改めまして、第2弾ゲストはこの方!Rish-DesignのYATさん!

WordCamp Kansai 2016の実行委員長を務められ、本職はフリーランスのWebデザイナーでいらっしゃいます。Web制作系のブログ(YATのBLOG)をご存知の方も多いのではないでしょうか。Webデザイナーという肩書ではありますが、コーディングやCMS構築、サーバー・プログラミングも携わってこられたフルスタックな方でもあります。

いまのお仕事事情

前の仕事から引き継いで?それとも新規開拓?

前職もWeb系のYATさんは前職付き合いのお客様でなりたっているのか、あるいは新規開拓を行ってきたのか。コミュニティ活動も前職から携わってコネクションもあったYATさん、現在のお客様とは。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

YATさんが独立されたときって前職付き合いのあったお客様とかになるんですか?

YATさんフリーランスWebデザイナー

いや、新規ですね。仕事来月どうしようって思ったらたまたま声をかけてくれる人がいたりっていうのはありましたけど、仕事も順風満帆案件があったかっていうとそうでもなかったです(笑)

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

現在は直接クライアントさんの仕事が多いですか?それとも代理店経由みたいなのが多いです?

YATさんフリーランスWebデザイナー

制作会社さんから多いですね。フリーのエンジニアさんからデザインやってくださいっていうのもあります。あとは記事の執筆やってほしいっていうもいただいて、定期の仕事になってるものもあります。あと大きいのは半常駐のような形でジョインさせてもらっているところですね。


定期の仕事や半常駐のお仕事。フリーランスとして仕事を選択できる自由があるが、将来への繋がりや安定というリスクヘッジを自然とこなせているかどうかも大事だと感じた。極端な話、フリーランスデザイナーとして人気が出たり、評判がよく仕事が多く舞い込んだとしても個人でやる以上、制作に限界はある。そしてその波がなくなったときの反動も大きくなるはずだ。そのために企業としても取引先や業界、属人化した業務の偏りをなくすような戦略をとるが、それはフリーランスにおいても重要で、必然的に属人化された業務となる以上、困ったときの工夫をしているかどうかがフリーランス生命を左右するのかもしれない。

フリーランスにとっては天職?半常駐という選択肢

受注・売上・入金が不安定なフリーランスにとって、フリーランスという仕事もしながら給料のように安定化した働き方ができる半常駐。どうやってそのような働き方をゲットしたのか。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

どういうきっかけで半常駐することになったんですか?またいつごろからされてるんですか?

YATさんフリーランスWebデザイナー

フリーになるときからすぐですね。コミュニティで知り合った方が僕がフリーになるっていうのを知って「うち手伝ってくれません?」となって、じゃぁお願いしますという感じで。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

それ結構羨ましい環境ですね!仕事のバランス的にはどうですか?

YATさんフリーランスWebデザイナー

普通に会社員ぐらい常駐していて、10時出社の17時までで週4の契約なんですけど、少し前までは週3で、繁忙期は週5はいってるときもあります。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

完全副業OKな会社員ぐらいの働き方ですね

YATさんフリーランスWebデザイナー

そうですね、そんな感じです(笑)
安定している面もすごい助かってますし、代表の方もすごい良い方で、こういう働き方を理解してくれてます。なので働きやすいですね。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

ちなみに収入的な割合はどんな感じになりますか?

YATさんフリーランスWebデザイナー

いま1年やっていて、やっぱり常駐先の収入が圧倒的に多いですね。時間的なコミットも多いので。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

ちなみにそういう働き方をしている方って、大阪には多いんですか?

YATさんフリーランスWebデザイナー

あんまり聞かないですね。東京だとよく聞くんですけど。
フリーランスの方はフリーランスとしての仕事が100%っていう方が多いんじゃないでしょうか。実際企業に力がないと厳しいでしょうし、恵まれてると思います。


ここでもやはりコミュニティがきっかけだから驚き。仕事=人間関係といえるほど人と人の繋がりで成り立っている業界においては、コミュニティを通して知る人柄やスキルレベルはリアルだし、下手な採用・人材募集よりも効率的な気がする。
そしてフリーランスとしての働き方の自由度と会社員のような安定を両立させるYATさんの働き方は、お仕事の案件数が不安定な地方では非常に理想的な働き方ともいえる。

フリーランスになってかわったことといえば?

IMG_1771


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

半常駐である意味会社員的な働き方をしているYATさんですが、フリーランスになって仕事の種類が変化したっていうのはありますか?

YATさんフリーランスWebデザイナー

ありますね。フリーランスとしての仕事ではマーケティング的な部分をすることがなくなって、制作がメインになりました。これは制作をしたかったっていうのが前からあって、やりたいことに集中できてます。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

その辺に関して、これから先、歳を重ねていくにあたって変わりますか?

YATさんフリーランスWebデザイナー

僕は制作のほうを伸ばしていきたいなっていうのがあります。マーケティングの仕事もするんだけど、そこだけっていうのはしたくないなって思ってます。


ディレクター(マーケッターなども含めて)のほうがすごいのか、歳を取ったらディレクターになったほうがいいのか。そういうふうに考える例もあるが、Web担としての経験をしてきたYATさんからは「すべての役割に意味があって、制作者だから制作以外のことは考えなくてよいわけではない(作業としてするしないでなく、考慮できるかどうか)」という思いを感じた。

大阪の話

関西の学生もやっぱり上京しちゃう?

鹿児島だと就職先がなくて、Webの勉強をしてもそういった職につけなかったり、福岡・大阪・東京へ就職する学生が多い。大阪はWeb制作を主たる業務とする企業も多そうだし、フリーランスでも仕事があるイメージが筆者個人的にはある。


YATさんフリーランスWebデザイナー

やっぱり東京にいく学生は少なくないです。案件の数も、価格も違いますから。同じことやるにしても見積もりから結構違うし、クライアントが出してくる予算も違いますね。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

あー、大阪でもそういうイメージなんですね。肌感覚でどのぐらい違うイメージですか?

YATさんフリーランスWebデザイナー

ピンきりですが、2〜3倍は違う場合もありますよね。
大阪=安いっていう土地柄もあるんだと思います。なので東京の仕事を初めてしたときは「え、こんな貰っていいの?めっちゃテンション上がる」って思いましたもん(笑)

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

でもそのぐらい単価が違ってても、東京にいこうとは思わないんですね

YATさんフリーランスWebデザイナー

そうですね、いまのところはないですね。遊びになら行きたいなーって思いますし、学生の時は行きたいって思ってた時期もありましたけど。
大阪を盛り上げたいなっていう気持ちがありますね。仕事ってなると東京にみんな出張したりしますけど、もっと大阪にきて大阪でしゃべってほしいなって。そうじゃないといなくなっちゃうので(笑)

鹿児島だと大手の依頼が福岡や東京に仕事として流れ、実は作業は鹿児島の下請けにくるという逆輸入現象が起きたりするが、関西では大阪・京都・神戸と大都市が複数あるためあまりそういうことはないそう。それでも東京への人材流出はある。一方で大阪を盛り上げたいと話し、実際コミュニティ活動で大阪・関西を盛り上げるYATさんのような方がいるのは安心するし、コミュニティに参加して協力したいと思う気持ちもすごく理解できる。

中編のまとめ

半常駐というフリーランスからするとずるい!と思われるほど理想的な働き方をされていました。インタビュー内ではそういう採用をする企業にも体力(継続力や理解)がいるとまとめましたが、今後そういった企業は増えていく傾向にあり、フリーランスといえど企業に一部ジョインするような働き方も啓蒙されているように感じます。
是非フリーランスの皆さん、また企業の人材を担当されるみなさん、そういった働き方や採用の仕方にチャレンジしましょう!弊社でもチャレンジ中です!

次回はいよいよ後編、WordCamp Kansai2016の実行委員長を務め上げたYATさんにコミュニティについてお聞きします!また将来の話と、これまでのフリーランス&コミュニティ活動のきっかけともいえるSNSの活用方法に迫ります!必見です!

フォローして続編をチェック

@universionsをフォロー