広島から全国、そして世界を目指す!株式会社MIRAIのハイレイヤー分析

広島のWebコンサルティング企業MIRAIとは


株式会社MIRAIとの出会いは2013年ごろ、MIRAI代表の西中さんが現MIRAIを創業される頃からのお付き合いです。
広島と鹿児島という土地柄あまりお会いすることはないかと思いきや、年に一度はなにかでご一緒させていただく機会があるという、不思議な、そしてありがたいご縁をいただいております。
創業時から存じ上げているだけに、メンバー増加、急成長がすばらしい企業です。

MIRAIの特筆すべき点は、Webコンサルティング会社という単純なご紹介では持て余す特殊性なんです。
サウンドクリエイターがチームにいて本格的な動画制作、最近だとドローン撮影もしちゃう。

今回は事務所にお邪魔させていただき、代表の西中さん、テクニカルディレクターの岸本さん、デザイナー兼ディレクターのマスベさん、サウンドクリエイターの山内さんにお会いしてきました。
そして、クリエイティブ事業部のお話を中心にお伺いしました。

Webサイトをデザインするのではなく、お客様の理念をデザインする

クライアントとのデザイン折り合いはデザイナーあるあるだが、クライアントが美容系だと更に困難なんじゃないか、その辺りをまずは聞いてみた。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

当初美容室向けのWeb制作を進めていて、美容室の方をクライアントに持っていたと思うのですが、美的センスの高い、こだわりがある方も多いと思うのですがそういった折り合いはどうだったんでしょうか?

マスベさんMIRAI デザイナー

そうですね、たしかに弊社のお客様はデザイン性を高く求められます。
「なぜそのデザインにするのか」お客様のインサイトを汲み取ることで、修正の繰り返しにならないように心がけています。
例えば「ここの線を太くして」と言われたとして、繊細なデザインより強めのデザインがブランドイメージにあっているのかな?と一度落とし込んで、その後の制作を進めたりですね。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

そうするとエンドレスな修正にならないと。

マスベさんMIRAI デザイナー

そうですね。このあたりはわたし自身、案件のたびにお客様から吸収させていただいています。
最終的には「そのデザインの先には、どういうイメージや理念を表現したいのか」というところまで意識するようにしています。
Webサイトや紙面をデザインするのではなく、美容室やその会社自体をデザインしていると考えています。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

その場合、デザイナーとしてこっちのほうがいいんじゃない?という考えはどうしてますか?

マスベさんMIRAI デザイナー

特に美容室はイメージ業ですので、万人に受け入れられるのは難しいと思っています。
その上で、ブランディングを優先するというのは大事にしつつ、そのデザインがもたらすメリット・デメリットはお伝えするようにしています。


デザイナーはお客様あってなので、ただ単にかっこいい/かわいいを理由にしてデザインを作ることはほぼなく、ちゃんとデザインの理由がある。
それでもお客様の立場にたって支援するという姿勢は崩さず、メリット・デメリットを伝えてクライアントファーストであるところが「クライアントをデザインする」の本質だと感じた。

制作サイドとの連携もコンセプトを中心において



ナガタUNIMALとUNITOPIの人

実際の業務の流れをお聞きしていきたいのですが、デザインがFIXしてからの制作サイドの連携はどのようにされていますか?

マスベさんMIRAI デザイナー

デザインポリシーを共有できるスタイルガイドをご用意します。
それと合わせてコンセプトもお伝えするようにしていて、それをすることによって大幅にずれることを防げると思っています。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

なるほど。
製作途中の段階で口出したりとかもあります?

マスベさんMIRAI デザイナー

細々は別として、途中段階で大幅に……というのは、あまりないですね。
基本的にひとりひとりの強みが120%発揮できて、当初の想像を上回る結果になるのが理想だと思っています。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

自社内だけでなく、パートナーさんにお願いするときは大変じゃないですか?

マスベさんMIRAI デザイナー

大変ですが、パートナーさんにスムーズに作業に取り組んでいただきたいので、そこは汲み取っていただけるように段取りをします。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

作業者ではないデザイナーさんって色々と大変だと思うのですが、今後会社が拡大していくにあたって、こういうデザイナーを仲間にほしいなってあります?

マスベさんMIRAI デザイナー

デザインが好きな方!好きに勝るものはないなと、最近ひしひしと感じます。

ちなみにマスベさんは、8の倍数信者(画面サイズをもとにして、各要素や余白を8の倍数にするデザインセオリーのこと)とのこと。
永田はデザイン〜制作までやることもありつつ、やらないこともあるので制作サイドとの連携については参考にしたい。

Webにサウンドクリエイター?

Web制作といえばデザイナーとコーダー、システムに強いところでエンジニア、あとは取りまとめをする営業やディレクターが基本のチーム構成。
動画の価値が上がってきているとはいえ、動画作成ではなく「音」で専属のメンバーがいるのもMIRAIの特徴だ。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

エンジニアを増やそう、デザイナーを増やそうではなく、サウンドクリエイターをメンバーにいれようと思った理由はなんですか?

西中さんMIRAI 代表取締役

時代に合わせた多様性、というのが一番の目的ですね。
そもそもお客様の問題解決を行ううえで、Web制作もひとつの手段でしかありません。
コンサルティングにあたっては、いろいろな手段をご提案させていただくことが必要なことだと考えています。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

実際そういった音をつくる作業はよく発生するものですか?

山内さんMIRAI サウンドクリエイター

そうですね。
最近では動画コンテンツが主流になってきているので、BGMやサウンドロゴなどでストーリーを語ることができる音が求められます。
よりインタラクティブなブランディングサイトを実現するために、オリジナルの音楽を導入しています。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

いま主流みたいになってきているんですか?
美容室のWeb制作のパッケージのような感じで。
(注:創業当初は美容室に特化したWeb制作を中心に事業をされていました)

山内さんMIRAI サウンドクリエイター

現在は美容室特化というわけではなく、法人様も多いため、ブランディングのためのCM動画などで求められることが多いです。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

動画自体の使い方としてはどういう使い方になるんですか?

山内さんMIRAI サウンドクリエイター

流せる媒体がたくさんあるというのが動画の強みだと思っています。
リクルート動画であれば、社内の雰囲気や、人にフォーカスを当てた内容だったり。
インタビューが入ることでより親近感が生まれます。
人は、目では見えないけれど、無意識に心で受け取っている情報ってすごく多いんですよね。
音はその部分にダイレクトに訴えかけることができます。
視聴者に見えない情報を送り、一言では語り尽くせない、クライアントの想いや、ストーリーを感じてもらうのが音楽の目的のひとつでもあります。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

動画っていうと自分たちが制作をしたことないのでわからないのですが、どのぐらいの費用感なんでしょうか?

西中さんMIRAI 代表取締役

弊社では、内容によっては50万円〜数百万円まで、幅広い価格帯の動画制作に対応しております。
一般的な映像制作では、100万円を超える予算が必要だったりします。
関わる人が多いですし、工数計算ですのでどうしてもそのような費用感になってしまうんですね。
ただ、うちの場合は作業を兼任するなど効率化を図っており、できるかぎりお客様が「予算がないので映像制作を諦める」となってしまわれないように、柔軟にご対応しております。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

Web制作という単価で考えれば、動画を制作することで全体予算はあがるわけですが、そのへんはどのように説明されているのでしょうか?

西中さんMIRAI 代表取締役

お客様ごとにきちんと動画制作の目的やゴールをヒアリングさせていただきます。
効果が見込めるからといって無理に制作をおすすめするわけにもいきませんし・・・。
そのあたりは、やりたいこと・できること・できないことなどを明確にしてご提案を進めていきます。


サウンドクリエイターというWeb業界では異色の存在が成り立っているのは、MIRAIの案件スタートからの進め方がキーになっているようだ。
それにしても「音作り」で専任がいるとこうなるんだな〜っていうぐらい見せ方に拡張性を持たせてある。
いわゆる「Web制作会社」とは一線を画し、ブランディングからのプランニングを行うというMIRAIの強みともマッチしていると感じた。

ヒアリングとリサーチに基づき、課題解決のための手段をご提案

「ブランディング」といってもそれもまた手段のひとつで、MIRAI式のWeb制作は手段を先に決めないという印象がつよい。(実際記事を書きながら、Web制作と表現するのが正しいのかわからなくなってきた)


西中さんMIRAI 代表取締役

お客様がなぜWebサイトをつくりたいのか、なぜ作る必要があるのか、そもそも現在のお客様が抱える課題はなんなのか、というところから整理し、提案を進めています。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

そうなると制作の前段階からコンサル作業で時間を使い、進めていった上で失注ともなれば結構な損失になるんじゃないですか?

西中さんMIRAI 代表取締役

まず最初に、お客様の理念・ビジョンや経営計画などをお伺いいたします。
そのお話を聞いたうえでお困りごとを洗い出し、そのお困りごとを解決するために弊社は何ができるのかを考えてからご提案させていただきます。
「MIRAIはこれができます」ではなく「この課題を解決するためにこれをやりましょう」というスタンスですので、お客様とのマッチング率は高いと感じています。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

なるほど。
やっぱり「Webを作りたいんだよね」の階層ではないわけですね。

西中さんMIRAI 代表取締役

そうですね、「Webサイトをつくりませんか?」とお聞きしたことはありません。
あくまで、まずはヒアリングから経営レベルで改善したいことを洗い出し「課題とその解決方法をご提案する」というのがベースです。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

どうやったらそこまでお願いしようと、信頼を得ることができるんでしょう。

西中さんMIRAI 代表取締役

熱と理論の両輪がかみ合っていることでしょうか。
「課題とその解決方法をご提案する」ためには、経営理念や経営戦略などを整えるところから参画することになります。
そうなると、必然的にその会社のことをとても深く知る必要がありますし、結果としてお客様ご自身よりもお客様(企業)のことを考えている、ということも多々あります。


ビジョンや経営戦略、組織戦略までまるごとヒアリングすることで適切な提案をし、定めた目標は確実に達成する。
それが信頼関係を築くことに繋がり、さらにMIRAIへお願いしたいという思いをつくりあげていくのだろう。

広島から全国、そして世界へ

冒頭に説明した通り、2013年より親交のある間なので、成長についても伺ってみた。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

最近の売上推移とか採用状況とかはどうですか?

西中さんMIRAI 代表取締役

おかげさまで売上は前年度比190%を達成し、数字としては結果を残せたかたちですが、数字はあくまで目標なので、顧客満足と自分たちのミッションを達成できたかを意識しています。
また、目標のひとつとして「広島から全国、そして世界へ」がありますので、スピード感を持って会社・個人ともに成長していきたいと思っています。
そうして会社自体が存在感を持てたら、採用にもメリットがあると思います。
技術面はもちろんですが、ビジョンを共にできる方と一緒にお仕事ができたら嬉しいです。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

採用のために東京や大阪、福岡などの採用活動はいかがですか?

西中さんMIRAI 代表取締役

採用活動はまだこれからという段階ですが、制作パートナーさんという意味では県外にもご縁が広がっています。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

お客様の分布とかは広島ですか?

西中さんMIRAI 代表取締役

現在、お客様は全国17都道府県に広がっております。
目標は47都道府県なので、まだまだ道半ばです。


前回お会いした時から事務所も移転され、確実に拡大していることは理解していたが、そのスピードがすごい。
メンバー増員も事業の拡大と足並みが揃っている。
やり方が大きく変わったわけではなく、ターゲットの領域が広がったことで、軸はブレずに進化を続けているのだと感じた。

働き方にも特徴がある?クライアントワークとクリエイティブワーク

前半でご紹介した山内さん、実は表現者として自身のアーティスト活動もされている。
表現者としてのアーティスト活動、要望が存在する制作者としてのクライアントワーク、その両者に矛盾や葛藤はないのか伺った。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

アーティストとしても活動されていると聞きました!

山内さんMIRAI サウンドクリエイター

はい、「Inear(イニア)」というアーティスト名で活動しています。
楽曲制作やイベント出演などがメインで「光は闇から生まれる」をコンセプトに、幻想的でどこか二面性を感じさせる音楽を特徴とした表現をしています。
Inear official websiteはこちら

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

なるほど、なんかクライアントワークとは真逆のイメージですがその辺はどうですか?

山内さんMIRAI サウンドクリエイター

真逆ですね。笑

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

自分の表現か、クライアントのための表現か、ということですね。

山内さんMIRAI サウンドクリエイター

そうですね。自身のアーティスト活動とは違って、焦点がクライアントに変わる楽しみがあります。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

なんていうんでしょう。
自身の表現に重きをおくと、なかなかできることではない、批判されそうとか、そういうのありそうじゃないですか?

山内さんMIRAI サウンドクリエイター

うーん、そうですね。
アーティストだからこそできない、するべきでないという方も多くいるかもしれません。
アーティスト性が薄まるのでは、と。
私の場合、「サウンドクリエイター」✕「アーティスト」という二つの顔をもつ生き方が、Inearとしての表現でもあるんです。
「二面性」というキーワードはInearを構成する重要な要素(コンセプト)のひとつになっているので。
それぞれの表現を追求していくことで確実に音楽の世界は広がりましたし、技術も向上していると感じます。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

どういう人が向いてるんでしょうか?

山内さんMIRAI サウンドクリエイター

どんな音楽にも興味があり、クライアントが描く世界(音楽だけではなく、世界観全て)にどんな音を響かせたら惹き込むことができるだろう、心が動くだろう?と興味を持つことができる方。
あと、粘り強く、健康な方でしょうか。笑


副業・兼業の自由が推奨されつつあるとはいえ、少人数ベンチャーであればできるだけコミットしてもらいたいという考えもありそうだが…。


ナガタUNIMALとUNITOPIの人

デザイナーのマスベさんも個人的活動をしていきたいとのことでしたが、会社としてそういうのを推奨しているんですか?

西中さんMIRAI 代表取締役

そうですね。個人の活動を応援し、個の力が向上することは、よいことだと思っています。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

一般的に個の力が強くなると、独立・転職と辞めるってなりませんか?

西中さんMIRAI 代表取締役

会社の成長スピードよりも個人の成長スピードが上回れば、そうなると思います。
でもそれってフェアですよね。
会社と個人が、高みを目指して切磋琢磨していきたいです。
それがプロフェッショナルの集まりだと思います。

ナガタUNIMALとUNITOPIの人

クリエイターは働きやすいですね〜!

山内さんMIRAI サウンドクリエイター

働きやすいですね。
専門分野以外での情報も常に共有しているので、クリエイターとしてより一層、視野が広がっているのを感じます。


あとがき

Webサイトも動画もあくまでひとつのツールとしてとらえ、丁寧なヒアリングと徹底した調査というステップを踏んで上のレイヤーから分析・提案を行うスタイル。
もちろん多くの場で語られることではあるが、実際には言われたことを実現するというスタイルのWeb制作会社は多々存在する。
しかしMIRAIの場合は、そこへのコミットがチーム構成や実際の提案方法からも伝わってきた。

問題解決、目標達成のために多角的に提案するスタイルは、これからのWeb制作に求められる必須条件になるかもしれない。

なお、現在MIRAIでは新メンバー募集中とのこと。
興味のある人は、こちらのメールフォームから直接MIRAIへご連絡を。

株式会社MIRAI
〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀4-15 5F
https://mi-rai.co.jp/

P.S.広島風お好み焼きをごちそうになりました!

フォローして続編をチェック

@universionsをフォロー