【Mac】年末最後の大掃除。Macの環境を綺麗にしよう。

こんにちは。
本年はお世話になりました。

さて、2014年最後の記事に、Macの大掃除について書きたいと思います。
2015年から少しでも動きが軽快なMacでお仕事しましょう。

※ なお、実施については自己責任でお願いします。バックアップをオススメします。

起動項目の整理

【システム環境設定】→【アカウント】→【ログイン項目】を開きます。
Screen-Shot-2014-12-31-at-21.48.07

ログインと同時に起動するアプリが表示されているので、必要がなければ「ー(マイナス)」ボタンで削除しましょう。” …Helper ”は削除しないほうがいいかもしれません。

いらないアプリのアンインストール

いらないアプリはディスクを圧迫してしまいます。

もしそのアプリにアンインストーラーが付いている場合はそれを。
そうでない場合は、関連ファイル(アプリのファイル以外にファイルを作成している)が存在する場合もありますので、アンインストールアプリを使いましょう。

色々とアンインストールアプリがあるのですが、今回ご紹介するのは「AppCleaner」です。

DL → AppCleaner

D&Dでアプリを置くと
Screen-Shot-2014-12-31-at-22.10.37

このように関連するファイルまで検索してくれます。

※アプリケーションは無作為で選びました

ハードディスクのメンテナンス

続いてはハードディスクのメンテナンスです。
ファイルへのアクセス権がおかしくなるなど、パフォーマンス低下を引き起こす異常が起きてる場合があります。

【ユーティリティ】→【ディスクユーティリティ】
Screen_Shot_2014-12-31_at_22_15_56

①ディスクのアクセス権を検証

まずはこれで異常があるかどうかをチェックします。

②ディスクのアクセス権を修復

①の検証で、「…のはずですが、drwxr-xr-xになっています」などのものがあれば修復する必要があります。
ボタンをおして修復しましょう。

③ディスクを検証

最後に、ディスク自体をチェックします。
緑文字ががでれば問題ありません。異常があれば、下のRepair Disk(ディスクを修正)をしましょう。

※ ディスクの検証は動作全体が重くなるため、作業中はしないことをオススメします

まとめ

さて、最低でもこのぐらいはして、デスクトップも綺麗にして新年を迎えましょう。
他にもメンテナンスアプリとして有名な「Magican」「OnyX」などありますので興味のある方はチェックしてみて下さいね。

フォローして続編をチェック

@universionsをフォロー