EmmetをSublime Text3で使う!インストールから導入まで。

こんにちは、先ほどEmmetに関する記事を書いて、
「導入方法は検索してください」としたのですがせっかくなのでまとめておきます。

Sublime Text3

Sublime Textはバージョン2のときに人気がでて、幅広いカスタマイズ性とパッケージコントロールによるプラグイン追加の容易さから人気を博したエディタです。たぶん。
Sublime Textの本も出ています。

Sublime Text – Download

Packege Control

Sublime Textに簡単に機能を追加できるプラグインです。

導入方法

  1. 以下をコピー
import urllib.request,os,hashlib; h = '7183a2d3e96f11eeadd761d777e62404' + 'e330c659d4bb41d3bdf022e94cab3cd0'; pf = 'Package Control.sublime-package'; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); by = urllib.request.urlopen( 'http://packagecontrol.io/' + pf.replace(' ', '%20')).read(); dh = hashlib.sha256(by).hexdigest(); print('Error validating download (got %s instead of %s), please try manual install' % (dh, h)) if dh != h else open(os.path.join( ipp, pf), 'wb' ).write(by)
  1. 「ctrl+`」か View -> Show Consoleでコンソールを表示
  2. 入力枠にコピーしたやつをペースト、Enter

Emmet入れる

導入方法

  1. 「Ctrl + Shift + P」でコマンドパレットを開く
  2. 「Packege Control:Install Packege」でEnter(途中まで打つとサジェストされる)
  3. 「Emmet」と入力しEnter

おわり!
簡単ですね!

まとめ

導入できたら、是非以下の記事を参考にEmmetで効率化、お試しください!

Emmetを効率的に使うために。チートシートを活用しよう! | unitopi

フォローして続編をチェック

@universionsをフォロー