【Tools】マイクロソフト社製!Visual Studio Codeの使い心地とは如何に。

※ PREVIEW版となりますので、まだまだ準備中のようです

突如登場したVisual Studio Codeとは

マイクロソフト社が米サンフランシスコで開催されているイベント「Build 2015」で発表した開発用コードエディタです。
これまでのVisual Studio系のIDE(統合開発環境)とは異なり、コードを書くこと専門のツールです。IDEと比べて軽く、Sublime TextやAtom、Bracketsなんかと同じ部類です。

環境としてはWindowsのみでなく、Mac、さらにLinuxにも対応して無償提供となっています。

特徴

環境は前述したとおりですが、他には以下の様な機能が搭載されています。

  • Gitのソースコード管理
  • IntelliSense(マイクロソフトによる変数名やファンクション名等の自動補完です)
  • コードリファレンス
  • デバッガ(Breakpointsをつけたり、Data inspectionをみることができます)

また、カラーリング対応言語としては、

Batch, C++, Closure, Coffee Script, DockerFile, F#, Go, Jade, Java, HandleBars, Ini, Lua, Makefile, Markdown, Objective-C, Perl, PHP, PowerShell, Python, R, Razor, Ruby, SQL, Visual Basic, XML

が標準であがっています。

加えてIntelliSenseに対応するのは、

CSS, HTML, JavaScript, JSON, LESS, SASS

加えてRefactoringやReferenceに対応するのが、

C#, TypeScript

です。

JavaScriptは対応するけどCoffeeScriptには対応しないよっていうのもなんだか不思議な気がしますが、まぁ仕方ないんでしょう。
ModernWebApp開発を全面に推している割には少し特徴のある対応の仕方に見えますね。

ダウンロード&インストール

https://code.visualstudio.com/

Home – Visual Studio Code

Screen Shot 2015-05-01 at 11.24.10

こんな感じの画面です。
左カラムには

  • EXPLORE(ファイル一覧)
  • Search
  • Git
  • Debug

と並んでいます。

Screen Shot 2015-05-01 at 11.35.17

すでに作成済みのファイルを開いてみました。
PHPカラーリングは問題なくされていますね。

Screen Shot 2015-05-01 at 12.04.31
CSSだと、IntelliSenseもでます。

Gitによるバージョン管理

Screen Shot 2015-05-01 at 11.36.00
Gitで管理されているプロジェクト(.git)があるものでは、変更を加えると右側のGitアイコンにバッジがつきます。

Screen Shot 2015-05-01 at 11.36.28

そのままそこでコミットができちゃいますね。

PushとPullもできるのですが、https等でパスワード入力を求められる場合などはできないようです。
まぁコミットさえできればあとのPushは手動でもいいのかもしれませんが、少し不便です。

まとめ

最近増えている、マルチプラットフォームの箱を用意して、中身はnode.jsで動いてます系アプリになってます。Electronですね。(旧Atom Shell)

自動アプリアップデートやWindowsインストーラ、クラッシュレポートなどがJavaScript APIを通じて実現しています。

と、ちょっと横道に逸れてしまいましたが、「Visual Studio Code」これから動向を追いたいツールですね!

フォローして続編をチェック

@universionsをフォロー