この連休で差をつける!WordPressをバージョン管理してみよう!【PR】(1)

WordPressをバージョン管理してみよう!【PR】 【全2回】 公開日
この連休で差をつける!WordPressをバージョン管理してみよう!【PR】(1) 2016/04/28
この連休で差をつける!WordPressをバージョン管理してみよう!【PR】(2) 2016/04/28

こんにちは!
ユニマルのツルダです。
いよいよ今年のGW(ゴールデンウィーク)もはじまりましたね。
今年は最大10連休にもなる、まさに大型連休となりました。

さて、そんな大型連休のあいだ、せっかくならちょっとステップアップしてみませんか?

連休中に試したい!WordPressのバージョン管理

uvs-wp1

web制作者なら必ずと言っていいほど使っている「WordPress」。
ただし、静的なHTMLなどとは違ってファイルも多くなるので、ファイルのバージョン管理に悩まれている方も多いのではないでしょうか?
また、制作するときにローカル環境を構築するのが面倒という方も多いのでは?

そんな時はぜひ「universions(ユニバージョンズ)」を使ってみてください!

Web制作のファイル管理ツール「universions(ユニバージョンズ)」
https://universions.com/

ボタン一つでインストール!プレビューも!バージョン管理も!

universions
日本発のバージョン管理ツール「universions」は、WordPressにも対応しています。
ボタン一つでインストールできるので、
ローカル環境を構築して、インストールして、という手間をがっつり省けますし、
プレビューサーバーですぐに確認できます。
もちろん、テーマやプラグインのバージョン管理もバッチリです!

まずはインストール

「universions」は基本的に有料ですが、登録後はお試し期間として一定期間無料で利用できます。
最初のお試し期間を過ぎても、お支払い方法の登録などをしないかぎり有料にはなりません。

登録をしたら「プロジェクトを新規作成」し、「WordPress」のプロジェクトを作ります。

uvs-wp01

「プロジェクトを新規作成」ボタンをクリックして

uvs-wp02

プロジェクト名などを入力し、「WordPress」を選択

uvs-wp04

すこし待つとWordPressがインストールされ・・・
サイトの同期がはじまり、ローカル環境にもソースコードが自動でダウンロードされます。

ソースコード

universionsのソースコードをみてみると、、

uvs-wp05
WordPressができてる!

ローカルファイル

ローカル環境をみてみると、、

uvs-wp06
WordPressができてる!!

プレビューサーバー

universionsのプレビューサーバーをみてみると、、
uvs-wp07
(ダイジェスト認証付きなので、IDとパスワードを入力します)
uvs-wp09
WordPressができ(ry!!!!

phpMyAdmin

universionsのphpMyAdminをみてみると、、
uvs-wp10
WordPr(ry!!!!

ということで、WordPressをインストールしてサイトを閲覧するまで1分もかかりません。

もちろん管理画面もログインOK!投稿もOK!

universionsで立ち上げたWordPressは、もちろん管理画面にもログインできますし、
記事の投稿なども行うことができます。
uvs-wp13
管理画面で記事を投稿し、
uvs-wp14
プレビューを確認。

ちなみに本当にNHKさんは「ゴールデンウィーク」と言わないらしいです。

プラグインやテーマのバージョン管理も!

universionsの場合、WordPressをインストールして実際に使えるようになるまでが非常に簡単で、
データベースの情報などを自分で入力する必要もありません。
かなり気軽に立ち上げられるため、今からWordPressをはじめるという方にもおすすめです!

後半ではプラグインやテーマのバージョン管理についてご紹介します。

WordPressをバージョン管理してみよう!【PR】 【全2回】 公開日
この連休で差をつける!WordPressをバージョン管理してみよう!【PR】(1) 2016/04/28
この連休で差をつける!WordPressをバージョン管理してみよう!【PR】(2) 2016/04/28

フォローして続編をチェック

@universionsをフォロー